オルガノ株式会社は、土壌汚染、地下水汚染問題を調査・分析・浄化の一貫サービスでサポートします。

オルガノ株式会社

  • ホーム
  • サイトマップ
  1. 土壌・地下水汚染とは
  2. 調査から浄化まで 自社一貫サービス
  3. 実績・事例紹介
  4. お問い合わせ

触媒酸化法

金属触媒と酸化剤の反応で生成する、非常に強い酸化力を有するラジカルにより、トリクロロエチレン等の第一種特定有害物質(VOC)を酸化分解し無害化する浄化手法です。
汚染土壌の存在する深度に対し、混練機を用いて触媒および酸化剤を添加・混合することで、地中で酸化反応による分解を行います。

浄化期間の短縮を実現した新しい浄化促進技術

触媒酸化法の原理

触媒と酸化剤が反応して生成する酸化力の非常に強いラジカルが発生し、このラジカルを利用して揮発性有機化合物を酸化分解します。分解物は最終的には二酸化炭素と塩化物イオンになります。

触媒酸化法の原理

触媒酸化法の特徴

  • 土壌ガス吸引法に比べて浄化期間を大幅に短縮できます。
  • 汚染物質を直接分解するため二次処理が必要ありません。
  • 還元分解処理法に比較し、より浄化期間の短縮が可能です。
  • 残留性のない酸化剤と自然環境中に存在する金属触媒を使用するため、環境負荷が小さい浄化法です。
  • 粘土質土壌の浄化が可能です。

従来処理法との性能比較

触媒酸化法と従来処理法による分解試験結果

触媒酸化法実施の流れ

触媒酸化法による土壌浄化を実施する場合、汚染調査(土壌ガス調査、ボーリング調査)により汚染状況を把握したうえで、土壌サンプルを用いたプレテストにより、適切な薬剤添加量 および浄化期間の検討を行います。

触媒酸化法実施の流れ触媒酸化法実施の流れ

「調査から浄化まで 自社一貫サービス」トップへ戻る

このページのトップへ

調査から浄化までの自社一貫サービス
  1. お客様のサポート
  2. 土壌・地下水汚染 調査
    1. 地歴調査(資料等調査)
    2. 概況調査
    3. 詳細調査(ボーリング調査)
    4. 調査結果解析
    5. 土壌・地下水分析
  3. 土壌・地下水汚染 対策
    1. 掘削除去
    2. 触媒酸化法
    3. 過硫酸法
    4. バイオ分解促進法
    5. 地下水揮発性有機化合物除去装置
    6. 土壌・地下水汚染除去設備
    7. 地下水油回収装置
用語集
Webからのお問い合わせ お問い合わせフォームお電話でのお問い合わせ:5635-5152
土壌汚染、地下水汚染の調査・浄化・対策 Copyright(C)オルガノ株式会社, all right reserved.