オルガノ株式会社は、土壌汚染、地下水汚染問題を調査・分析・浄化の一貫サービスでサポートします。

オルガノ株式会社

  • ホーム
  • サイトマップ
  1. 土壌・地下水汚染とは
  2. 調査から浄化まで 自社一貫サービス
  3. 実績・事例紹介
  4. お問い合わせ

バイオ分解促進法

分解性能に優れたオリジナル栄養剤が可能にする低コスト原位置浄化法

食品由来のオリジナル栄養剤を用いて地中に生息する微生物を活性化させ、原位置で第一種特定有害物質(揮発性有機化合物:以下VOC)をエチレン、エタンまで分解・無害化する浄化手法です。

バイオ分解促進法の原理

バイオ分解促進法では、VOCを分解する嫌気性微生物を用いて土壌・地下水浄化を行う方法です。
VOCによる土壌・地下水汚染に、オリジナル栄養剤を添加することにより嫌気性微生物の活性化が促進され、VOCを無害な物質へと分解します。

バイオ分解促進法 分解イメージ

バイオ分解促進法 分解イメージ

通常、帯水層中は酸素を含む好気性環境にあります。
そこへ栄養剤を添加することにより、まず好気性微生物が増殖し活性化します。
好気性微生物は、呼吸によって酸素を消費していきます。

バイオ分解促進法 分解イメージ

増殖し活性化した好気性微生物が酸素を消費し、酸素のない嫌気性環境になっていきます。
次に酸素の少ない環境を好む嫌気性微生物が増殖し活性化します。

バイオ分解促進法 分解イメージ

嫌気性微生物は、栄養剤を分解する際に、水素(H)を発生します。
嫌気性微生物は、VOCの塩素(Cl)を発生した水素(H)に置き換えていきます。
これを繰り返しVOCは無害な物質へ分解されていきます。

バイオ分解促進法 分解イメージ

オリジナル栄養剤の特徴

■食品由来の安全性
■市販栄養剤に対しコストダウンが可能

オリジナル栄養剤の特徴

分解性能比較

オリジナル栄養剤は、既存バイオ栄養剤と比較し同等以上の分解性能を持っています。
栄養剤コストも低く、低コストな浄化対策を実現します。

分解性能比較

VOC分解微生物測定

VOCを分解する微生物の中には、テトラクロロエチレンをエチレンまで完全に分解・無害化出来ずに、途中のシス-1,2-ジクロロエチレンまでの分解で止まってしまう種があります。バイオ分解促進法では、テトラクロロエチレンをエチレンまで完全に分解・無害化する微生物の存在を確認し、浄化中も微生物の増殖をモニタリングする必要があります。
オルガノでは、この分解微生物の測定を遺伝子解析技術を用いて行なうことが可能です。それにより、バイオ分解促進法のサイト適正や浄化時のモニタリングを迅速・低コストに行なうことが出来ます。

VOC完全分解微生物測定
VOC完全分解微生物測定

VOC分解微生物測定風景

  VOC分解微生物測定

VOC分解微生物測定結果例

関連ページのご紹介

「調査から浄化まで 自社一貫サービス」トップへ戻る

このページのトップへ

調査から浄化までの自社一貫サービス
  1. お客様のサポート
  2. 土壌・地下水汚染 調査
    1. 地歴調査(資料等調査)
    2. 概況調査
    3. 詳細調査(ボーリング調査)
    4. 調査結果解析
    5. 土壌・地下水分析
  3. 土壌・地下水汚染 対策
    1. 掘削除去
    2. 触媒酸化法
    3. 過硫酸法
    4. バイオ分解促進法
    5. 地下水揮発性有機化合物除去装置
    6. 土壌・地下水汚染除去設備
    7. 地下水油回収装置
用語集
Webからのお問い合わせ お問い合わせフォームお電話でのお問い合わせ:5635-5152
土壌汚染、地下水汚染の調査・浄化・対策 Copyright(C)オルガノ株式会社, all right reserved.