サステナビリティサステナビリティの考え方

サステナビリティ方針と推進体制

持続可能な社会の実現に向けた当社グループの姿勢をステークホルダーの皆さまに明確に示すため、「サステナビリティ方針」を定めるとともに、同方針のもとで長期的に取り組むべき重点施策として5つの「マテリアリティ(経営重要課題)」を設定しました。

サステナビリティ方針

当社グループは2022年6月に「サステナビリティ方針」を策定いたしました。サステナブルな社会の実現と共に当社グループの持続可能性を高めるため、事業戦略とESGへの取り組みが連動した経営を推進してまいります。

わたしたちオルガノは、ステークホルダーとともに、
未来に向けて持続可能な社会の実現と企業価値の向上を目指します
  • 水で培った最適化技術で、水環境保全や温暖化防止に貢献する環境配慮型製品・サービスを提供します

  • 人権および多様な価値観・個性を尊重し、従業員ひとり一人が成長し活躍する職場づくりを推進します

  • すべてのステークホルダーとの対話と連携を重視し、誠実かつ公正な企業活動を遂行します

※” 水で培った最適化技術 ” には、水処理に関わる分離・精製、分析技術やエンジニアリングにおける技術の追求と、その組み合わせによって社会のニーズに合致した最適なシステムやサービスを提供するという意味が込められています。

サステナビリティ推進体制

当社グループは、サステナビリティ経営推進のための施策を企画・立案し、実行する組織として、 2021年12月に「サステナビリティ委員会」を設置しました。また、その実行組織として施策の具体的な推進を行う 「サステナビリティ実行会議」を設置しています。サステナビリティ委員会で協議・検討された事項に関する進捗や達成状況は取締役会へ答申や報告を行います。

重要課題(マテリアリティ)

国際社会の動向や当社の事業と関係性が深い社会課題を「ステークホルダーにおける重要度」、「当社における重要度」の 二つの視点から評価し、重要度の高い課題を抽出しました。 それらの課題について取締役会を含む社内会議で議論し、その中で特に重要度の高い課題を重要課題(マテリアリティ)に特定しました。

重要課題(マテリアリティ)の考え方

重要課題(マテリアリティ)の特定プロセス

キーワードの抽出
経営理念、長期経営ビジョン、ORGANO2030(長期経営計画)、中期経営計画、事業戦略、事業環境、ESG評価基準・GRIガイドライン(サステナビリティに関する国際的なガイドライン)等からマテリアリティ候補を抽出
重要度の評価
抽出したマテリアリティ候補をORGANO2030の骨子である「継続的な事業成長の実現」と「事業基盤の構築」で整理し、ステークホルダーとの関係、リスクと機会、当社製品・サービスの提供価値、社会課題への寄与などの当社にとっての重要性の観点から評価し、重要課題(マテリアリティ)を仮定
妥当性の評価
サステナビリティ実行会議・サステナビリティ委員会での議論、社外有識者へのヒアリングなどを通じて妥当性を評価
重要課題 (マテリアリティ)の特定
取締役会において重要課題(マテリアリティ)を決定
経営理念
オルガノは
水で培った先端技術を駆使して
未来をつくる産業と社会基盤の発展に
貢献するパートナー企業としてあり続けます
長期経営ビジョン

付加価値の高い分離精製・分析・製造技術を基に事業領域と展開地域を拡大し、産業と社会の価値創造と課題解決を推進する製品・サービスを絶えず提供します。

昨日までのやり方を、明日に向けて、今日変える人をつくり、
一人ひとりが働きがいと活力に満ちた企業を構築します。

重要課題(マテリアリティ)の考え方

当社のマテリアリティは、「継続的な事業成長の実現」に関わる2つのマテリアリティと「事業基盤の構築」に関わる3つのマテリアリティの計5つで構成されています。前者は、暮らしや産業および事業のために必須な地球環境保全と事業活動による価値創出に関わるものであり、後者は社会的責任を果たしながら継続的に事業を行うためのベースとなるものです。これらに総合的に取り組むことが長期経営ビジョンの実践につながるものと考えています。
今後、それぞれのマテリアリティにおいて定量的・定性的なKPIを設定し、特定したマテリアリティへの取り組みを通じて、サステナビリティ方針で目指す持続可能な社会の実現と企業価値の向上を目指します。
なお、これらのマテリアリティは、社会の変化やステークホルダーの要請等に応じて、サステナビリティ委員会が中心となり、定期的な審議や見直しを行います。